So-net無料ブログ作成

国語の勉強法について [勉強 中学生]

今回は国語の勉強法についてみていきたいと思いますよ。



まず、中学の国語というのは漢字・読解・文法という

三種類に分類できます。

手っ取り早く点数を稼ぐなら漢字をしっかりと覚えるのがベストです。

国語の勉強の仕方が分からないという人もまずはとにかく

漢字から手をつけるのが無駄がなくていいですね。

肝心の覚える漢字ですが、

学校でやったところ以外は基本覚えなくてもいいですよ。

もちろん他でやったところも後々覚える必要ありますが、

目の前の目標として、学校のテストというものが

あると思いますので、

とりあえずは範囲をしぼっといたほうがいいですね。


で、次にやるなら読解なんですが、

読解というのは中々難しいんですよね。

まだ解き方になれないとかあると思いますので、

学校の参考書をといて慣れるというのも一つの手ですね。

時間があるのであればいろいろと本を読んでみるといいですね。

本を読むのに抵抗があるのならばまずはラノベとかでもいいんではないでしょうか。

ただ、ラノベはあくまで入り口なので、最初だけです。

文字を読むのに慣れたら、小説なんかを読むのがベストです。

一番点数に直結するのは問題集を解くことなので、時間がなければ

こちらだけに注力していいでしょうね。



最後に文法ですね。

文法というのは実はテストだと配点が低いんですよね。

点数をより高くするにはもちろん必須の項目ですね。

文法に関しては問題集など学校で出た課題などを復習していけば

身に付けられる項目のはずですね。

わからなければ、自分で調べたりなどすれば

より応用力がつきますね。



ちょっと駆け足でしたが、こんな感じでしょうか。


⇒ 詳細はコチラをクリック


安村知倫 教科書マスターサンシャイン1年生 評価

安村知倫 教科書マスターサンシャイン2年生 評価

安村知倫 教科書マスターサンシャイン3年生 評価



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。